« クトゥルフオンラインの歩き方 | トップページ | さよならジャック船長 »

2006.07.15

ユゴスの衛星

冥王星の新衛星の名前は、「ニクス」と「ヒドラ」
冥王星とはご存知、太陽から9番目に遠い惑星で、かつて大昔に存在した禁断の文書の中に、「ユゴス(Yuggoth)」という名前で秘教的にほのめかされているもの。
昨年に衛星が2つ見つかり、その名前が決まったのが先日。
新たに付けられたのが、上述の通り、「ニクス(Nix)」と「ヒドラ(Hydra)
冥王星にはすでに衛星が1つ存在していて「カロン(Charon)」といい、冥王星の英語名「プルートー(Pluto:冥界を統べる神の名)」にちなんで、ギリシャ神話で、冥界の川の渡し守であるカロンの母親にあたる夜の神であるニュクス(のエジプトのニュクスにあたる「ニクス」)。冥界を守る怪物としてヒドラと、冥界にちなんだ名前付けがされています。

最初、ニュクス(Nyx)と付けようとしたらすでに小惑星に使用されていて(Nix)にしたと聞き、そこで妥協するくらいなら、思い切ってどうせなら、「ヒュドラ(Hydra)」と「ダゴン(Dagon)」にするくらいの遊び心が欲しかったなぁって。
「母なるヒュドラ」と「父なるダゴン」は対で、クトゥルー神話の中に登場し、
ダゴンは古代ペリシテ人に半人半魚の神として崇められ、ヒュドラも「父なるダゴン」とともに「深き者ども」たちに「母なるヒュドラ」として崇められる神であり、共にクトゥルーに従う神性……と、ほぼ脊髄反射的な思考回路すぎ……。
冥王星はクトゥルーファンには馴染みが深くて、ユゴス(まれに「ユッグゴトフ」)という名前で親しんでます。名立たる邪神の1つ、ラーン=テゴスの出身地とされ、また外宇宙から到来した菌性生物ミ=ゴの前哨基地があるところでもあり、冥王星の衛星にクトゥルー神話に関する名前を求めるのはそんなに無理難題なことじゃない!……と思うのは贔屓の引き倒しなのかなぁ。

なんとなく、天体観測をする人たちが新しい星を追い求める魅力が分かったような気がしました。自分が星の名付け親になれるのって良い! 「あの星は「ユゴス」と言ってエッヘン」みたいな感じで。

そういえば、冥王星軌道付近には「エッジワース・カイパーベルト天体」と呼ばれる無数の小天体が存在していて、冥王星よりも大きい天体が発見されたと聞くし、冥王星はいま、「太陽系9番惑星」としての地位が揺らいでいるとかいないとか。
ミ=ゴの中の人も大変だなぁ……。

|

« クトゥルフオンラインの歩き方 | トップページ | さよならジャック船長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/10943996

この記事へのトラックバック一覧です: ユゴスの衛星:

« クトゥルフオンラインの歩き方 | トップページ | さよならジャック船長 »