« ユゴスの衛星 | トップページ | 『キタブ・アル・アジフ』についての私見 »

2006.07.25

さよならジャック船長

怪奇映画友達(どんな友達やねん)である姐さんからの、「このメールに気付かなかった場合は、キャンセル……」というメールに気付いて出かけることに。
久しぶりのお出かけ。久しぶりの映画。
甲斐はメランコリアなので、映画好きのくせに余程の興味をそそらないと映画館に足を運べず、気付いたら上映期間が終わっていたっていうのは間々あることなんだけど、今回は初回のレイトショー。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

前作を観にいった時には、指輪物語でのオーランド・ブルームを知った後で「金髪じゃなーい、髭も生えてるー」と非難していて、今回も「もうちょっと年取った方が良い俳優になる」と先物買い的な発言の姐さん。
甲斐はジョニー・デップがそもそもの目当て、というか「チャーリーとチョコレート工場」での蒼白い色気を観た後ではジョニー・デップの髭もちょっと気になります。

今回、敵役にあたる、[深海の悪霊]と恐れられている[ディヴィ・ジョーンズ]と、さまよう幽霊船[フライング・ダッチマン]号の乗組員は全て海洋生物が擬人化した姿で描かれていて、しかもジョーンズ船長はどうみても髭が触腕で、というか蛸で(腕はカニ)、さらに忠実なる僕が深海の魔物[クラーケン]と個人的に出来すぎ。
甲斐は観ている間、脳内で、
それなんてダゴン?
深き者どもキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
どうみてもクトゥルーです。ありがとうございました)という風に名状しがたき乙、と出来栄えを楽しんでました。
観ていて思ったのは、ジャック船長の見せ場がラストシーン位だったなとか、超一流の剣の使い手と言われるウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)より(ランタンを打ち砕いてオイルをサーベルにまぶして炎を纏わせて振り回す場面は文句無し)も、弟子にあたるエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)の方がサーベル捌きが艶やかだったな(二刀流でディヴィ・ジョーンズの手下を串刺し!)ーとか。

伏線色々。
ジャック船長の帽子とか、不死身の猿とか。ジャック船長とウィル、エリザベスの今後の関係とか。そういえば、海賊だったウィルのお父さんとか。ラストに出てきたパート3に続く最重要人物の再登場とか。

ディズニー映画ということで、デザインや、俳優さんの動きがコミカルになるのは仕方ないことなのかもしれないんだけど、麗しのジョニー・デップ扮するジャック・スパロウが格好いいのに、どこか三枚目に見えてしまい……いや面白いですよ(人食い村での酋長振りや脱出行辺りでは映画館に笑いが溢れてた)

ラストについて。
姐さんの、「2時間延ばしてもいいから最後まで観たかった!!!!」
この意見に納得。でも4時間超は辛いかも(トイレが)
そもそも映画の宣伝惹句が、
日本の夏をジャックする さらば、ジャック・スパロウ--」とネタバレしてるわけで。
最高の終わり方といってしまえばそうなんだけど、週刊少年漫画じゃないんだから。あの引っ張り方は気になり過ぎる。パート3が来年、2007年5月に公開とのことでこれはもう観るしか!

映画楽しめた? との姐さんの問いに「とても個人的に趣味にピンポイントで良かった」と返したら、
「ああ、ヴードゥーの娘さん?」(ち、違っ
どうみても趣味を勘違いされてるようで、「クトゥルー神話ぽくて」と言い張ったら、
「ふーん、わたし普通人だから」とあっさり斬られたの巻。
……クトゥルー神話ってそんなにマニアックなのかなぁ。

これから観る人へ。
映画はあわてず最後のエンドクレジットまでじっくり観ませう。あるエピソードの結末がワンカット観られます。
というか、どうして最後まで観ずに帰っちゃう人たちいるんだろう。不思議。

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション (パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト プレビュー・ディスク付)パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション (パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト プレビュー・ディスク付)
ジェリー・ブラッカイマー テッド・エリオット テリー・ロッシオ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ユゴスの衛星 | トップページ | 『キタブ・アル・アジフ』についての私見 »

コメント

わざわざこちらへご足労いただきありがとうございました。
>自作小説。
小説ブログを漂流していると、様々な色合いを持つ書き手の方々を知ることが出来ます。プラポットさまもそんな中のお一人。ひらめきで小説を書き切るのも一種の技術だと考えるので、そこは何も問題ないように思えます。
>みごとに言葉を駆る
ミナソコノ住人での言葉遣いはだいぶ偏りがあると自覚しているので、ピンとこられたのなら、案外似た趣味をお持ちなのかもです(笑)
>パイレーツ
パート3が来年に公開されるので、今から待ち遠しい気分です。その時はジャック船長によろしく言っておかないと!!

投稿: 甲斐ミサキ(toプラポットさん) | 2006.08.01 22:09

甲斐ミサキさま!
はじめましてプラポットです。コメントありがとうございました。

ブログを始めてまだ間もないもので、ここにコメントさせていただきます。
というのもまだ「パイレーツ」見ていないもので。みなさんの話を読むにつれぜひ見なくてはと思っています。
自作の小説は思いついたままのひらめきで書ききっています。本当なら腰を落ち着けて資料などを紐解きながら書きたいのですが、なかなかです。
そんなので良かったら・・。
それにしてもみごとに言葉を駆る人ですね。実に味わい深いものがあります。
このような場所にこんなコメント!
ジャック船長によろしく言っておいてください。
それでは!

投稿: プラポット | 2006.08.01 21:39

ご来訪ありがとうございますm(__)m
実は小説サイトさんは毎日巡回してるので思わずコメントしました。
ジョニーデップは「シザーハンズ」の頃からチェックしてて今回も楽しくメロリ(個人的には病的に青白いデップが好きなんですが……変?)
不死身猿の○○がパート3で大活躍するのでしょうね。2時間では終わらなさそうな映画の気がします(笑)

エンディングコール
どんな映画も最後まで観る派なので、ばっちり見届けました。彼(?)の生き様をしっかり(考えるとショッキング!!!!)


投稿: 甲斐ミサキ(to 沖りんかさん) | 2006.07.26 03:49

お久しぶりです。サイトのほうへコメントありがとうございます☆
パイレーツオブカリビアン、面白かったですねー!わたしも実はジョニー・ディップが目当てでして(アハ)この一作目で彼を知り、それから彼の演技と役者魂にメロメロです(どうでもいいですね;;)
あのでこぼこコンビが再登場…(ネタバレすみません;;)
いろいろありましたが(あまり書くと本当にネタバレしちゃいそうなので)エンディングコールの最後の最後まで見ないとあれは損ですね!
わくわくしながら待ってましたが、まさか、あんな面白いものが見れるなんて…あの後を想像するのがすごく楽しいですvV
来年が待ち遠しいですね!

投稿: 沖りんか | 2006.07.26 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/11089613

この記事へのトラックバック一覧です: さよならジャック船長:

« ユゴスの衛星 | トップページ | 『キタブ・アル・アジフ』についての私見 »