« 愛しきは、追憶の彼方 | トップページ | 書籍の並べ方、好き嫌い。 »

2005.03.10

《断り書き》の必要を考える

先日、火傷の記事を書き、色んな方から励ましと心配のコメントを頂いたのですが(その節はありがとうございました)、その際に毎度お世話になっている《すずめの巣》のひょんさんから、

前書きに「この話は痛いです。苦手な方はご遠慮ください」って書きますよ。(爆)

とのコメントを頂きました。冗談めかした感じではあったのだけど、なるほどなぁって。

ところで、当サイトは特に年齢制限はしていません。
メインコンテンツが創作小説であり、《血腥い怪奇小説》なのはこの際(都合よく;;)忘れて、
自身、(幾つかの例外はあるにせよ)全年齢の人が安心して、例えば、小学校などの授業での資料集めの際にキッズgooから子供たちがやってきても安心して目を通せるような記事作りを心がけたいと考えています(エエー!?、とかそこ言わない;;)。
方言、無個性といった単語でキッズgooからの訪問者が多い(ありがとう)ってことは、少なくともフィルタリング機能は通過しているってことだろうし、「ああまだ不適切なサイト扱いはされてないのだな」なんて一種奇妙な安心感があったりなかったり(実際のところ、有害か無害かの判断は最終的には子供たちがすればと良いと甲斐は考えています)。

でこのたび、ひょんさんのコメントを受けて、もしかしたら火傷の記事を読んで、描写内容に不快感を覚えた方がいるかもしれない。痛さ耐性のない方に対しての配慮が必要な記事だったかもと。
自身が書いていて平気なものでも、キッズgooの免責事項から引用させてもらうなら、《ミナソコノ住人》における情報の正確性、合法性、道徳性、著作権の許諾や有無、最新性、適切性などは一切が甲斐自身の主観に過ぎないのであって、その内容については一切保証致しかねるのが実際のところ(ある人からは「ラブレーの小説紹介は内容的に不適切だ」って言われました。ショボン)。

もちろん、このサイトは甲斐自身のものだから、何を書いた(法律上、道徳上の問題はともかく)って、人におもねるようなことはないはず。とはいえ、好き勝手書きちらす権利のそばには、それに対する義務が付随して当然かとも思うのです。
ココログをはじめ、種々多様なブログは性質上、個人運営ののHPよりも、サイト同士の連帯感、サイトの露出度(新着情報からのアクセスや、サイト検索で上位にきやすい等)は高く、発言に対する責任はより大きく発生するものだと考えます。投げっぱなしのジャーマンスープレックスのようにはいかない。

固い文章になっちゃったけれど、記事の冒頭に、

ショッキングな場面や出血をともなう表現が含まれています。これらの表現に心配のある方は閲覧されないことをおすすめいたします。

とか、映画鑑賞したあとの感想文で「ネタバレ注意!」、なんて一筆書いておくのが<免罪符>なのかもしれません。
あとは、情報元のソースへのリンクを張る、とか。ネチケットじゃ当たり前って言わんとってー(笑)。
引用したサイトが何処かを知らせずに’(トラバ便利ですね♪)、記事のネタにするのはアンフェアーだと思うし。
今回をきっかけに、甲斐の心に刻んでおきます(といいつつスプラッタな描写満載の小説を書いてる最中だったり)。

追記:ひょんさんの一言。『前置きで断り書きをされたら、それなりに期待してしまいますよね。逆に、責任重大かもしれません。(何の?)
こういうツワモノの方は素敵です。大いに楽しんでいってくださいませ^_^;

|

« 愛しきは、追憶の彼方 | トップページ | 書籍の並べ方、好き嫌い。 »

コメント

こんばんわです。
足跡代わりにコメント>
うう、こちらこそ才源さんのとこへコメント行けてません……m(__)m

ネタバレ注意という断り書き>
仰るとおりと思います。
ただ、書評と感想は違うような気もしていて、概要だけ記すのと、奥に踏み込んで記すとでは、随分と差があるんじゃないかなーって。
まぁ、結局は突き放した言い方かもだけど、「断り書きあるんだから、見るのはご自身の責任でどうぞ」ってサインなんですよね^_^;

断り書き>
これ自体は必要だと思います。特に暴力描写や性的描写が過度にあるものなど、ブログでは小説も普通の記事も一緒くたに並列して並んでますから。うっかりと目に入る可能性はあるし、そういったことを軽減する意味合いでもは用意しようと思います。
実は「THE JUON」の記事を書いた際にネタバレ以下を「続きを読む」指定にしたのは、才源さんの小説あとがきのマネッコだったりして^_^;

才源さんの小説更新しなくっちゃ(滞り中)

投稿: 甲斐ミサキ(to才源さん) | 2005.03.16 01:49

今晩は。
久しぶりに足跡代わりにコメントでもと書かせていただきます。
僕のメインブログの方は、テレビや漫画、小説、映画の感想めいたものが多いので、断り書きとは仲良くさせていただいています。
ただ、本来はネタバレ注意という断り書きは要らないものだと思うんです。必要な情報だけを集めようと思うのなら、最初から公式HPでも覗いていれば良いと思いますし。「余分なもののない感想ってどんなものだ!」って思ってしまいますから(苦笑)
しかし、それで気分を害されてしまう方がいるのも事実。せっかく来て頂いたのだから気分悪く帰っていただきたくはないので断り書きを多用しているという感じです。
断り書きがあることで、気分を害される場合もあるでしょうけど、それは見なかったことにと思ってもらうほかありませんね(^^;)
それでは、また遊びに伺います。

投稿: 才源 | 2005.03.15 20:11

フィルタリングというか、家族の中でまともにパソコンを扱えるのが甲斐だけなので、フィルターなんてされたこともしたこともありません(嗤)
あまり過保護な扱いもどうかなって思うけれど、るるがさんの親御さんがそういった処置を施すのは、決して無意味じゃないと思います。

こんばんわー(時間的にはオハヨウかも……)。

検索ワードで一番多いのは【小説】です(これは嬉しい♪)。
検索エンジンは断トツyahooかな。2位とは1000票ほど差があります。スゲッ

これは思いもよらなかったことだけど、るるがさんがフィルタリングされるような小説を書いたら……やっぱり引っかかるのかな。甲斐の小説が読めているってことは、大抵の無茶は通るはずだけどね^_^;

小説が大好き>(///ω///)
最近は段々と好き勝手な文章を書けるようになってきたけど、面白いかどうかって確信はそれほど持てていません。励みになります。ありがと(^^)

18禁小説>
えーとエッチな18禁を書くことはこれからも無いと思います。むしろ危険なのは残酷描写での18禁(年齢制限)デス。これはいずれ「断り書き」を入れることになるかも……ハハ

苦手な分類>
「ラブレーに乾杯」という記事は、クレヨンしんちゃん的なお下品さがあったのだけど、ちょっと申し訳ないことしたかなぁ。ごめんなさいm(__)m。

いずれどの分類も手足を動かす様に操れる>
カッコイイ!
どんな分野の小説でも、書ければ勿論良いんだろうけれど、それより何か得意な分野を伸ばしていくのも素敵なことだと思いますよ。

投稿: 甲斐ミサキ(toるるがさん) | 2005.03.12 05:06

こんばんわー

甲斐はホラー映画に耐性があります。というか「これは虚構なんだ」って頭のどこかにフィルターがかかっているみたいで^_^;
実際、魚一匹さばくのにも勇気が必要……。

(R)(D)(B)>
これはとても参考になりました! 独自の表記を作っちゃおうかって思うくらい。
すごく感謝ですm(__)m
甲斐の書く作品(にもよりますけど)、凄いスプラッタと自分では思っていません。生身の恐怖より精神的にじわじわーって怖さが好きなので。
あえて言うなら《血》よりも《臓物》?
……なお性質が悪い気が(-"-)

上下の記事の読む人の気持ちの切り替え>
これは指摘されたことがあります。
怪奇小説のすぐ上の記事が「熱帯魚萌え~♪」みたいな地の文がきていて、雰囲気を損なったそうなんですが、……こういうイビツさも含めて《ミナソコノ住人》なんだと捉えていただければ却って面白い気が甲斐はするんですけどね。

時系列で記事の並べ替え……したことないです。
蹴飛ばされて泣かされるかもシクシク

投稿: 甲斐ミサキ(toひょんさん) | 2005.03.12 04:33

そうですよね、わたしもフィルタリングサービスかかってるみたいで時々見れないサイトもあります(小学生がインターネットに触るとなれば当然なのでしょうが…)

こんにちは。
わたしは検索にキッズgooは使いません…。
忍者ツールズの検索ワードで一番多いのは【ブログパーツ】、googleで来る人が多いみたいです♪yahooより多いのはびっくりです…って、余計な事をすみません;
えーと、もしわたしがフィルタリングにかかる様な小説を書いたとして、それはやっぱり引っかかるんですよね、自分で書いた小説なのに。

わたしはミサキさんの小説が大好きだし、面白いです。18禁小説ならと勿論書かなくちゃいけないですよね。
やっぱり苦手な分類、っていうのはあるから書いた方が良いのかな、と思います。わたしは下ネタ尽くしが苦手です(汗)
ホラーなど、わたしは書かないというかかけない人間なので(いずれどの分類も手足を動かす様に操れる様になるのが夢です^_^;)…。
全然言いたいことが纏まらなくなってきました…。

投稿: るるが | 2005.03.11 17:30

こんちはー・・・・私はツワいんでしょうか・・
視覚的には、「血ダメ」なんですよ。ホラーも見るのはダメだし。
けれど、話は(核になるものが)ダークです。

<免罪符>、無用なトラブルを事前に避けるためにいれてます。
某掲示板では、タイトルに記号を入れて好まない人は
避けるようにとのお約束があります。

(R)or(桃)エッチな下ネタ
(D)or(茶)汚い、茶飯時に不適切
(B)or(黒)ブラックジョーク

よく見ればスプラッタ系がありませんでしたので、
私は(血)と入れてました。

それと、ブログと言うものは、自分でカテゴリを作れるのですが、
私はいろいろ置き過ぎて分かりつらくなっていると思います。
カテゴリごとに見たなら良いですが、
通常は記事を載せた順になり、
(時々日付設定を変えてあえて並べなおしてしまいますが)
上下の記事の読む人の気持ちの切り替えが
スムーズにはいかないだろうな・・・と言うのが
悩む所です。
(初歩的なことですよね・蹴飛ばさないでください~)

投稿: ひょん | 2005.03.11 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/3246365

この記事へのトラックバック一覧です: 《断り書き》の必要を考える:

« 愛しきは、追憶の彼方 | トップページ | 書籍の並べ方、好き嫌い。 »