« 黒猫がニャー[NEWアイコン] | トップページ | 思わぬ伏兵《一人称》 »

2005.02.07

ネット小説の書籍化に潜む罠

ここをココログ小説書きの《キーステーション》と仰ってくださったKOFさん運営の纐纈城書庫から興味深いトラバを頂戴したので、紹介。

ココログ小説書きメモ「いちおう、気をつけといたほうがいいこと」

詳しくは上記記事を参照していただくことにして。
甲斐も、過去に書いた小説を掲載するべく、時には推敲の繰り返し(というか大幅な改稿)を行ってるわけですが、書いた小説を名のある賞に投稿してみようとか出版社に持ち込みだ! という気焔はなく(ないのかよ)、ただネット小説ランキングにささやかな登録をすることで、1人でも多くの方に作品を読んでもらって、出来れば感想を頂戴できたら嬉しく思う、こう考えていました。
先日、ガイドブックで紹介のお話を頂いて、「書き続けていれば、たまにはこんなこともあるのか。ネットって素晴らしー」と甲斐ははしゃいでいましたが、欲目とは言ったもので、そんな功名心をたくみに付け狙ったネット詐欺が横行している、とKOFさんが記されています。下記引用文
ある出版社の息子さんとやらから「私のサイトに連載を持ちませんか? これから出版社を立ち上げるので、人気次第では出版します」と言うもの。メールに記載されていたサイトをチェックし、ついでにメアドでぐぐってみたところ・・・・・・その方の別ページの掲示板を発見。
「16歳」と言う年齢が書いてありました。
 なにがなんだかよくわかりませんので、スルーしました。

KOFさんが言っておられるのは、「まずなんでも《ググるgoogleで検索するの意)》」
大抵のものが検索単語で引っかかってくると思います(もしくは団体名自体引っかからないとか)。
例えて言うなら、「ネットオークションで手頃な品物を見つけたので落札し、代金を振り込んだけれど、一向に商品も連絡も来ない。そこで商品提供者《○□太郎》の名前でググってみると、『悪質詐欺師《○□太郎》被害者の会』ってサイトが数十件も出てきた!」とか。
再び、KOFさんの記事から引用
正面から「自費出版をやりませんか?」というものであればいいのですが、「貴方の作品世界を全国に~」なぞと言う誘い文句で接近し、最終的な説明会などで100万200万と言う金額での自費、または共同出版のセールスに持ち込むと言う業者もいくつか存在するようです。自費出版、共同出版そのものが非であるなどと言うつもりもありませんが、「そういった目的」で「そう言う目的を隠して」接近してくる業者と言うものが存在します。

KOFさんも触れておられますが、協力出版、自費出版に関してもこんな報告(早速ググってみました)。
自費出版のQ&A「協力出版」という名の たくみなワナ
探偵ファイルスパイ日記から:賞レースに潜む罠
ある自費出版社は自ら賞レースを主催し、応募者の殆どに入選・佳作などを受賞させ、次に「このままではもったいないので、ぜひ協力出版で本にしましょう」と話を持ち掛ける。(中略)受賞の現実にほとんどの人は舞い上がってしまい、出版を提案されれば契約までしてしまう。
しかし、書籍の位置付けは自費出版と同様なので、当然ながら営業も自分でやらなければならない。
出版・流通に関する知識の無い一般人は、高額な出費をしただけで終わるケースが大半である。
売って儲けようという考えではなく「作って儲けよう」というのが自費出版社なのだ。

上記リンクに目を通すとネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまいそうですが、甲斐もKOFさんと同じく、上記の出版形態について是非を問うものではありません。
良い出版物であれば出版社のほうから「協力出版」ではなく、いっぱんの作家と同じ待遇で出版の話が舞い込んでくることもあるので。メディアを通して話題になり、ブレイクした本も実際にあるわけですし。
皆さん自身が考慮されるきっかけになれば、それと甲斐自身の気持ちを引き締める意味合いでもエントリ。

|

« 黒猫がニャー[NEWアイコン] | トップページ | 思わぬ伏兵《一人称》 »

コメント

これと言う知識も無いままに記事を書いてしまいました。
改変される前の記事をもちろん知っていますが、注意喚起という意味合いでなら、あのくらいの語意でも良かったのでは? と思います。
とはいえ、そういう心遣いは素敵に感じました。

KOFさんの挑戦者魂に乾杯(背後からプロジェクト○のテーマが聞こえてきそう)
武運をお祈りしてます。

投稿: 甲斐ミサキ | 2005.02.07 19:35

 どうもです。KOFです。

 あのエントリが、人を傷つける文章とやり方になってしまったのではないかと反省し、少し原稿を修正したところに、ちょうどトラックバック通知が届きました。(本論はいじってませんが)

 非常に良い形でまとめていただいたことに、感謝しております。自分も最初からこれくらいのモノがかければ・・・・・・(汗)

 書いた責任がてらで、この件にはもうちょっと深入りして情報を集めようかと思っていたりします。
 ズブズブ行っちゃいそうな恐怖も覚えながら、ですが(苦笑)

投稿: KOF | 2005.02.07 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/2840592

この記事へのトラックバック一覧です: ネット小説の書籍化に潜む罠:

« 黒猫がニャー[NEWアイコン] | トップページ | 思わぬ伏兵《一人称》 »