« 最終ゴジラの楽しみ方。 | トップページ | ゲストブック代わりに »

2005.01.01

宇宙的恐怖で一年の怪

 自らを構成する歯車にサビがないかチェックし、狂いを修正する。
 緩んで落ちた細やかなネジの一つまみを一年の始まりから、それはさながらダンウィッチにてウィルバーの双子の片割れを暗黒の世界へと放逐させんと呪わしき死霊秘法の751ペイジの行いを終には撃ち滅ぼしてでも制止しようとするアーミティッジ博士の頑なな強い意思を持っての如く、注意深く拾い上げては絞め直す。
 そんな行為を古来より日本では『一年の計は元旦にあり』と言うそうな(思いっきり意訳)

 去年一年を振り返って小説の少なさは然ることながら、BLOG名でもある『ミナソコノ住人』に関して触れなさすぎたと気づいてはならない事実に思わしくも気づいてしまったので栄養分を補給することに決定。
 ミナソコノ住人は《皆、其処の住人》でもあり、《皆ぞ、この住人》でもあり、《水底の住人》でもあって、
 水底の住人というのは砂上を這い回る可愛らしいコリドラスやクリー・ローチやオトシンクルスやスネイルなんかではなくて(いやあってもいいんだけど……)、ほんらいは南太平洋のボナペ沖にあるル・リエーの館で惰眠を貪ってらっしゃる方のことを指しているつもり。いあ!いあ!

 てことで欠乏した宇宙的暗黒神話分(同義として他に《シュークリーム分》)を補充すべく、年明けラヴクラフト全集再読リレーを敢行せねばと誰かが耳元で囁きまくってます。
 『ダニッチの怪』『ダゴン』『ナイアルラトホテップ』『壁の中の鼠』『闇に囁くもの』……。
 目に付いたタイトルを立て続けに読み進めて…イグナイイ……く。イグナイイ……睡眠不足の頭にも、トゥフルトゥクングア……懐かしい単語が綿(腸じゃないw)に……ヨグ=ソトホース……水が染み込むように浸透していくのがテキメンに(効果出すぎ;;)。
  とまぁ今年は暗黒神話にちなんだ短編がお目見えするかと思います。他にも気になる文芸情報があれば幅広く、ずんどこ書き進めていければいいなと、自分に暗示をかけておこう。気合だー! 気合だー!(と指折り)

 てことで皆様、今年もミナソコノ住人をご愛顧いただけますよう。

|

« 最終ゴジラの楽しみ方。 | トップページ | ゲストブック代わりに »

コメント

>るるがさん
いやぁ……趣味丸出しの記事にコメントありがとう^_^;
記事を少し説明しておくと、ラヴクラフトという作家さんが『暗黒神話体系』というものの基礎を作り上げて、これまで色んな人がこの基礎を元に色々な小説を書かれているんです。
甲斐はその神話のお話が好きなので、ちょくちょく自分の書く小説に散りばめて楽しんでいたのでした。

投稿: 甲斐ミサキ | 2005.01.11 22:12

お久しぶりです、甲斐さま♪
なるほど、それで一年のなんとかは元旦にあり…と言うのですね、納得!
あぁ、わたしはずっと【水底の住人】しか考えていなかった(汗)
色々な意味があったのですね…今年も、宜しくお願いします♪

投稿: るるが | 2005.01.11 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/2440740

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙的恐怖で一年の怪:

« 最終ゴジラの楽しみ方。 | トップページ | ゲストブック代わりに »