« 今年最後の演劇 | トップページ | 初スネイル退治 »

2004.01.01

怪奇幻想か日常か

2004年度の創作小説の方向性について、今後の予定をば。
旧年中は4作品。
怪奇幻想系と、日常小説を交互に発表してきたわけですが、どちらのほうに比重を置こうか迷い中。
日常.sideの小説にも電波なお嬢さんが出てたりするので、怪奇と日常の区別は厳密には無いとも言えますが^^;
黯黒神話を元にした小説を書きたいし、はたまた連作の日常も捨てがたし……どーにかなるかな。
いざとなったら《小説のお題》を募集するかもな予感。

とりあえず、これまでは比較的文章量の軽い作品を載せてきたので、そろそろ中編の小説を何分割かして発表しようと画策してます。
こんな時、日本には良い諺がありますね。
予定は未定
……まぁこんな調子ですが、
皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたしますm(__)m

|

« 今年最後の演劇 | トップページ | 初スネイル退治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4186/64113

この記事へのトラックバック一覧です: 怪奇幻想か日常か:

« 今年最後の演劇 | トップページ | 初スネイル退治 »